MENU

任意整理のメリットやデメリット

任意整理とは裁判所を通さずに債権者と任意で交渉する手続きのことです。交渉によって将来利息がカットされることがある、毎月の返済が楽になると言うメリットがあります。利息制限法の上限利息を超えてお金を借りていた場合は払い過ぎた分については戻ってきます。戻ってきたお金の分だけ借金が減ったり借金じたいが無くなったり現金が手元に残ることもあります。債務整理を行うと連帯保証人に一括請求が行くものですが任意整理では債権者を選べると言う特徴があります。これにより連帯保証人に迷惑をかけずに任意整理することが可能です。裁判所を通さないだけに家族に内緒で任意整理することも可能です。何かとメリットの多い任意整理ですがデメリットもあります。まず信用情報に登録され5年間は金融機関のローンやクレジットカードの審査に受からなくなります。登録期間が過ぎれば削除はされますが任意整理をした金融機関やクレジット会社の審査には受からない可能性が高いです。ご自身でも手続きすることは可能ですが債権者との交渉は困難です。債権者によっては任意整理に応じないことがあり応じてくれないと成立ができないです。しかし借金問題でお困りの方の多くでご利用されている手続きなので任意整理で解決できる可能性が高いです。弁護士は借金の専門家であり、岡山県にもある弁護士事務所では債務に関するご相談を無料で受け付けしています。任意整理の手続きは専門家である弁護士にお任せできるのでよく分からない方でも安心です。任意整理で借金問題を解決できるかどうか適切なアドバイスが受けられますので借金の返済に困ったときは一度、岡山県にもある弁護士事務所に相談してみて下さい。

ペニス手術 クリニック